美味しい梅酒の作り方

基本的な梅酒の作り方

材料

青梅1kg  >>青梅の購入はコチラから
氷砂糖1kg
ホワイトリカー1リットル
果実酒瓶(4リットル広口瓶)


STEP-1

青梅1kgを水洗いして軽く水気を切ります。

STEP-2

ビンに梅・氷砂糖を交互に入れ、
ホワイトリカーを注ぎます。

STEP-3

冷暗所に保存し、時々ビンを動かして氷砂糖を溶かし、
約3ヵ月後にお召し上がりいただけます。

  • 梅を入れたまま6ヶ月ほど置くとより熟成され、美味しくなります。
  • 梅のエキスは約1年で液に浸透しますので、梅の実はそれ以後ならいつでも取り出して構いません。

※梅酒は置けば置くほど熟成されますので1年程置いても構いません。梅酒を漬けた後の実で作るジャムも凄く美味しくてお薦めです。
※ホワイトリカー以外にも、焼酎・ウィスキー・ブランディ・日本酒等でも美味しく作れます。

※酒税法では、自家製梅酒を作る場合、アルコール分20度以上のもので漬けなければならない規定があります。

クエン酸(疲労回復)、ソルビトール(便秘予防)、ポリフェノール(抗酸化機能)などの機能性成分を最大限に抽出するには、

  • 熟度…黄緑からやや黄色のもの
  • 梅のサイズ…2L(約30g)で作ると、成分が多く抽出されます。なお、紅色着色した果実(紅南高梅)の方が機能成分含有量の高い梅酒ができます。また、砂糖は梅の重量の60%以上(冷凍梅の場合は40%以上)で漬けると良いことが分かっています。
Top